『ノア 約束の舟』評価、あらすじ、感想、ネタバレあり注意

「ノア 約束の舟」を観てきました。

予告編の壮大なスケール感に圧倒され
噂で聞いていた大胆な解釈もあり
ノア役にラッセル・クロウ
ノアの妻役にジェニファー・コネリー
ノアの養女役にエマ・ワトソン
ノアの祖父メトシェラ役にアンソニーホプキンスという
豪華キャスティング。
期待に胸ふくらませての鑑賞でした。

その鑑賞後の評価、感想をあらすじと共に語りますので
ネタバレ含みますから、これから見るという方は
読まないように注意してください。

ノア

スポンサードリンク

ノアと言えば、旧約聖書の創世記に記載されているお話です。
聖書によると神によって創られた人間たちが腐敗して
信仰心も薄れ堕落しているから、一度リセットする、
つまりは人間を滅ぼすと。

そんな神からの啓示を信仰心厚いノアだけが受け
方舟を作って、動物たちのつがいとノア一族を
神の怒りによって起こる洪水から守るという
英雄譚なお話です。

簡単に言ってしまうと
正義の味方がノアを中心とした一族で
仲間たちが動物
そして敵が悪魔に魂売った人間たちです。

通常のハリウッド映画なら、この配役を軸に
ハラハラドキドキ展開でしょう。

堕落した人間がノア一族を攻撃して
動物虐待し、あげくには自然破壊まで。

神の裁きが来るぞとノアが叫んでも
誰もそれを信じない。

箱舟作るノアたちは馬鹿にされ
腐敗した人間たちがゾンビの如く襲ってきて
方舟を破壊しようとする

方舟すら破壊寸前の大ピンチという時に
神の怒りが炸裂して大洪水が起きる

そういう展開を英雄と悪魔にはっきり分けて
ストーリーは進んだことでしょう。

ところが、本作は一般的な英雄と悪魔の
単純な対決構図とは違うノア像で描かれています。

聖書とかけ離れたノア像が現れたことで
評価も賛否両論になります。

アロノフスキー監督なので
賛否両論になることも覚悟でノアを映画化したことでしょう。

アロノフスキー監督が伝えたかったノアとは
いったいなんだったのでしょうか?

結論から先に行ってしまえば、
人間の信念や信仰は時として狂気になるということでしょう。

信仰心厚いがゆえに、それに背く行いが出来ない。
神の導きのままに行動をとることがまねく悲劇や葛藤
映像は、巨視的な描写から、洪水発生後一気に微視的に
人間の内面へと迫ります。

その判断は、全て神の導きと信じて疑わないノア。
家族の気持ちが、ばらばらになっても守らなきゃいけない信仰。

それが次第にノアを追い詰めていく心理描写には凄まじいモノがあります。

信じて疑わなかった神の導きが、新たな創世の物語によって
矛盾していることに気が付くノア。

それでも未来を覚悟してノアに託す家族たち。

結局ノアは、信じて疑わなかった神の啓示に背き
キリスト教のメインの教えである「愛」によって
新しい未来を始めることを決意します。
その新しい未来に対して神も祝福し映画は終わります。

ところが観終わって、何とも言えない消化不良が起きました。
自分がキリスト教社会にいないこともありますが、
ノアが敵なのか味方なのか、英雄なのか悪魔なのか
めくるめく展開で共感どころか信頼できない
感情移入できない場面ばかりだったからでしょう。

人類の祖先であるノアを敬う気持ちは、
キリスト教社会の人間じゃなくてもあります。

先入観ではノアは英雄です。

方舟作らなかったら、人類滅亡で
今の私たちはいないわけですからね。

生き残って子孫を繁栄させたのがノアの一族です。
動物たちも方舟に乗ったからこそ
今も私たちと共に地球に生きています。

ノアは英雄です。

ところが、この映画のノアは、英雄ではありません。
妄信とも狂気ともいえる人物です。

確かに人間たちは悪い行いをしています。
映画でもそれは描かれています。

それによって神が怒る流れは理解できますが、
ノアはこの啓示を受けて自分たちだけが生き残る道すら絶って
動物たちだけの地球にしようというものでした。

ノア一族は動物たちを洪水が過ぎ去った後
地球に返すための使者という設定です。

だから人間は誰一人として助けない
息子の彼女すら見殺し
洪水が来た後、生き残っている人すら助けない
生まれた子供すら殺すという
完全なるサイコキラーな存在です。

当然、見ている側は従来イメージしていたノアとは違うので
憤りを感じます。

むしろ方舟に乗り込んだ悪役の方が人間味あふれるセリフを言っていますので
感情移入はむしろ悪役側になってしまうというおかしな展開になります。

映画としてみるには、ノアの行動が完全に狂人なので
非常に理解しがたい作品になっています。

逆に大量殺人者ノアとしてみるには、まさに人間が妄信して狂気に堕ちる様を
描いていて、説得力は充分ですが、聖書に記載されているノアなので
どうしても聖書の壁があり、そこまでなかなか開き直って
見ることは出来ないです。

ノアじゃなかったら、ただの狂気に走ったおっさんなら映画は面白くできたのか
といえば、それもどうかなという展開が多いです。

例えば、動物たちが方舟に乗りに来るシーンがありますが、
なぜ動物たちが急に集まるのかという納得いく画がありませんし、
なぜ頑なに人間たちを乗船させないのかという画もありません。

要所要所の心理描写に説得力が欠けているため
画にのめり込めないのもあります。

また予告編があまりにも壮大なCGなので、スペクタクル系を期待した方も
多くいたと思いますが、
SF映画に比べると物足りない洪水シーンの連続で、あの予告編は何だったんだろうって
感じてしまいます。

正直言って題材が題材なのに、中途半端な映像、展開になっているため
賛否両論になっているんじゃないでしょうか。

確かにアロノフスキー監督は独特の心理描写で騒がす監督ですから
どこに視点を置いていいのかわからない映画になると言えばなりますが、
聖書の英雄にメスを入れたのなら、もっと思いっきり描いてほしかったなというのが
正直な感想です。

出演した俳優の演技が、卓越していただけに、私としては
残念な映画でした。

特にノアの祖父であるメトシェラが、ノアの狂気を辞めさせ、
共存共栄を願って、ノアの妻や養女に未来を託しているのが、
主題なら、そこを印象に残させる展開や感情移入させる脚本で
あってほしかったですね。



チケットがヤフオクより安く、掲示板より簡単で安心
チケットキャンプは登録無料で今すぐ購入OK!



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る